あゆみ

トップ > あゆみ

 

司法書士関大会の歩み

司法書士関大会創設のきっかけとなったのは、関大の卒業生が当時、司法書士の社会的地位の低さに反発、これを打ち破るべく結集したことから始まる。

関大の卒業生が出した結論は、関大の卒業生から大阪司法書士会の会長を輩出し、司法書士の改革、発展に寄与しようということになった。そこで、「高橋孟先輩に大阪司法書士会会長に立候補してもらおう」と、関大の卒業生の意見が一致し、副会長に関大卒の安喜正男氏、福田隆二郎氏を推すことになったのである。

それには、司法書士の関大卒業生が結集しなければ、選挙に勝てないという結論に達し、まず第1に、司法書士の「地位の向上」「旧体制の打破」、第2に会長をはじめとする役員の選出という目標を達成するため、関大卒の計理士(税理士)出身の司法書士を含め関大卒業生が終結し、『大阪司法書士関大会』が創立された。

先頭に立った高橋孟氏は、大阪司法書士関大会の初代会長になる予定であったが、大阪司法書士会の会長に推薦する関係から、初代会長は天王寺支部の安喜正男氏(ご子息が関大経済学部教授)に引き受けていただいた。

これにより、大阪司法書士会においては、高橋孟氏が、猛烈な選挙戦のうえ小差で会長になり、この選挙で『大阪司法書士関大会』の名前が有名になった。

当時、東の高橋孟氏を筆頭に、福田隆二郎氏、天王寺の安喜正男氏、池田の細井茂夫氏、枚方の大中清一郎氏、大先輩の納谷健太郎氏の方々が『大阪司法書士関大会』の創立に尽力した。また、当時の若手として、行方正行氏、樋口徹雄氏、柳原一善氏、高杉昭規氏、高瀬徳七氏、竹田操司氏、河村政彦氏、岩見壽子氏、植田喜一氏、高橋一夫氏、池内次郎氏、秋山道保氏、上野義治氏が尽力し、計理士より司法書士に認可され協力していただいた坂本氏、坂東氏、平野氏、神吉氏等の方々がいた。

まだ他に沢山の方々の協力があって、現在の『司法書士関大会』ができたことを忘れてはいけない。ひとえに司法書士を愛し、関西大学を愛した会員皆様の歴史の結集が『司法書士関大会』の原点である。

このように、昭和35年の大阪司法書士会の役員選挙において、関西大学出身の司法書士が集まったのが、現在の「司法書士関大会」の発端であり、初代会長に安喜正雄氏が就任した同年12月28日に北の料亭「小よし」において、第1回総会が開かれてから53年の歴史がある。その後、2代目会長に竹田操司氏、3代目会長高橋一夫氏、4代目会長行方正行氏、5代目会長塩田貴美代氏、そして現在6代目会長中村博氏に引き継がれている。


(文献は、平成13年10月25日司法書士関大会会報の創刊号及び平成22年10月10日会報第10号高橋一夫相談役の原稿を参考資料として作成)

平成25年4月