会長挨拶

トップ > 会長挨拶

 

掲会長挨拶

会  長  中村 博


司法書士関大会は、昭和35年12月に創設され、来年で創設60年目を迎えます。


創設当時の先輩達は当時の司法書士制度に危惧をもち、それを改善するため、そしてそれを実行すべく、大阪会会長選挙に高橋孟氏の当選を目指し、関大出身の司法書士が集結、当会が創設されたと聞いております。

それ以降、植田喜一先輩、北田五十一先輩、中谷豊重君が大阪司法書士会の会長となり、日本司法書士会連合会・大阪司法書士会をはじめ他府県の司法書士会の役員でご活躍の会員が多数いらっしゃいます。そして、現在、会員数は近畿圏において約500名となっています。

さて、当会の年間の活動として、6月に関西大学との共催による「司法書士試験合格祝賀会」、11月に「定時総会」、9月には「会員研修会」を開催し、他に年4回の「関士会」(関西大学校友の弁護士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・社会保険労務士、行政書士との七士による合同若手勉強会)等を行っています。会員の皆様も一度参加してください。また、行事予定等は、随時ホームページに掲載しておりますのでご覧ください。


最後になりましたが、司法書士関大会は、母校関西大学の発展に寄与し、会員相互の親睦を深めることを目的としておりますので、ご協力とご支援の程宜しくお願い申し上げます。

平成31年1月10日
会長  中 村  博